« 夏空 | トップページ | 親子の会話? »

2010年8月 8日 (日)

病院

Photo おじいちゃん(義父)は救急車で運ばれて以来転院はしましたがずっと入院中。

よくこけていたのですが、ずっとの入院で今は歩く事もできず、弱っております。

家ではとても看れる状態ではないので老人ホームへの入所を考えています。

今はおばあちゃんを連れて時々お見舞いに。

今日、日曜は旦那が連れて行ってくれています。

私は病院の雰囲気がどうも苦手なので平日の行ける時に行ってます。

おじいちゃんは入れ歯も外して急に老けこみ話もなんとかできますが聞きとりにくい。

耳の悪いおばあちゃんはとうてい聞きとれません。

病院に行くとおじいちゃんがジッと私を見るのですが

「よくもこんなところにほりこみやがったな。」と思われてるようで目を合わすのが恐いんです。

だからちょっと認知気味のおじいちゃんが私を忘れててもぜんぜんかまわないと思ってるのですが・・・

おばあちゃんは、どういうつもりかいつも私を指して「この人誰かわかるか?」と聞きます。

おじいちゃんは「かえこや~。」と即答。

私は・・・嬉しいような悲しいような何とも複雑な気持ちになるのです。

|

« 夏空 | トップページ | 親子の会話? »

家族・親戚」カテゴリの記事